エランコ・アニマルヘルス

世界の人口は爆発的な増加を続けており2050年には90億人にまで達すると予測されている中、地球規模での食糧需給のバランスは急速に崩れつつあります。イーライリリーは、安全かつ安価な畜産製品の生産をサポートするため、1954年にエランコアニマルヘルス事業部を設立、1965年から日本でも活動を始めました。エランコは主に牛、豚、鶏向けの製品を開発・製造し、それらを全世界の主要な畜産生産国で販売しています。さらに2007年末には米国でコンパニオンアニマル(ペット動物向け)製品を初めて上市し、日本でも2010年11月に同市場への参入を果たしました。

エランコの製品開発におけるポリシーは、あくまでも科学に立脚し、消費者の安全性はもちろん、アニマルウェルフェア…動物福祉や環境保全についてもきめ細かく配慮したものであることとしています。より有効で経済性も満たす製品の開発・供給を通して、消費者が安心して楽しめる「食」づくりと、効率的で持続可能な食糧需給に貢献していきます。また、人とコンパニオンアニマルの”絆”を深める仲介役としての役割を高めて行きたいと念じています。私たちは以下のビジョン、ミッションをさらに強化し、お客様との約束を果たしていくことによって、より豊かな生活に貢献していきたいと考えています。

ビジョン

「食」と「動物たちとのふれあい」をとおして、より豊かな暮らしを

ミッション

アニマルウェルフェアに配慮した食糧生産とコンパニオンアニマル医療に、ライフサイエンスの革新的テクノロジーを応用して、人々の生活向上を目指します。

顧客への約束

私達は革新的ソリューションを提供し続けます。

<関連サイト>

エランコアニマルヘルスのウェブサイト:www.elanco.co.jp

Top