ダイバーシティ&インクルージョン

多様な価値観を受け入れ活かすことが社員と会社の成長に繋がる

私たち日本イーライリリーは、社員一人ひとりの多様な価値観を互いに尊重し、受け入れ活かすこと(ダイバーシティ&インクルージョン)が、社員と会社の成長に繋がると考え、組織全体で積極的に取り組んでいます。たとえば、育児・介護などのライフイベントがあるなかでも社員が自身の力を活かしながらキャリアを継続できるよう、仕事と生活の両立ができる環境づくり(ワークライフバランス)が大事だと考えています。そのため、社内公募などの制度の充実、各種トレーニングなどのサポート、有給休暇の取得促進など「スマートな働き方」の推進を行っています。

日本イーライリリーのダイバーシティの取り組みの歴史

2004ジェンダーダイバーシティチーム 発足
2005ウィメンズネットワーク発足
2006ウィメンズアワードがスタート
2009ダイバーシティ・カウンシル 発足
ダイバーシティ戦略の刷新「ジェンダー」から「ダイバーシティ」へ
2010第一回営業ウィメンズネットワーク集会開催
製薬企業ダイバーシティネットワークを設立(設立メンバー)
2011ダイバーシティアワードがスタート
2012ダイバーシティ・デイがスタート
2015ダイバーシティコミュニケーションのトレーニングを全支店で導入
2016女性活躍推進法に戻付き、行動計画を策定
2017障がい者ウィークの実施
ファミリーデーで障がい者体験、妊婦体験を実施
インクルーシブを推進するトレーニングを経営会議メンバーに実施
2018ダイバーシティーアワードからダイバーシティ&インクルージョンアワードに変更
インクルーシブを推進するトレーニングをリーダーレベルへ実施拡大
心理学的安全性を理解するトレーニングを経営会議メンバーに実施
2019インクルーシブを推進するトレーニングを管理職全員に実施

TOPICS

「働きがいのある会社」13年連続“ベストカンパニー”に選出。

2019年版「働きがいのある会社」ランキング1000人以上の規模の企業の中で、日本イーライリリーは“ベストカンパニー”に選ばれました。全ての参加企業の中でも最長の13年連続での選出となります。

東洋大学「女性活躍インデックス」企業ランキング2019 6位
(業種別ランキング 化学工業 1位)

学校法人 東洋大学ダイバーシティ研究グループにより開発された「女性活躍インデックス」に基づく法人ランキング2019で6位(1,215法人中)にランクインしました。

第32回日経ニューオフィス賞近畿ニューオフィス推進賞を受賞

「つなぐ」をテーマに、働きやすくコミュニケーションの活性化や多様な働き方をサポートするオフィスをデザインし2018年に開設した新オフィスが第32回日経ニューオフィス賞 近畿ニューオフィス推進賞を受賞しました。

「新世代エイジョカレッジ」フォーラム部門 2 年連続ファイナリストに選出

日本イーライリリーは女性活躍推進と営業変革を目的とする「新世代エイジョカレッジ」のコンセプトに賛同し、営業職の女性社員の育成を目的に参加しました。顧客のニーズに合わせて営業スタイルを変更しファイナリストに選出された2017年に続き、 2018年は長時間労働になりがちな営業スタイルの『当たり前』を見直し、オンライン面談と定時退社の日を設ける 施策を考案し、ファイナリストに選出されました。

Forbes JAPAN WOMEN AWARD 受賞 (2018年)

次世代法の「認定事業主」に認定

日本イーライリリー株式会社は、「次世代育成支援対策推進法」(次世代法)による「認定事業主」に2007年に続き、2010年にも認定されました。

「女性活躍推進法」を提出

女性活躍推進法の施行に伴い行動計画を公開しました。
日本イーライリリー 一般事業主行動計画

主な支援制度

多様な働き方

  • 産前・産後休暇制度
  • 育児休業
  • 育児短時間勤務
  • 育児パパ休暇
  • 一時保育補助プログラム
  • 看護・介護休暇
  • 介護休業
  • 介護短時間勤務
  • 在宅勤務制度
  • 再雇用希望登録制度

キャリアデベロップメント

  • 社内公募制度
  • 留学サポートプログラム
  • 各種トレーニング
  • 語学スキルサポート
  • myキャリア制度

卓越した貢献への称賛

  • 社長賞
  • インスパイア(全世界の社員が互いに感謝と称賛を送りあうプログラム)
  • 永年勤続表彰
  • セールスレコグニションプログラム
  • 各種レコグニションプログラム

Top