くすりの安全への取組み患者のみなさまの安全に対するイーライリリーの責任

イーライリリーにとって、くすりを使用する方々の安全は最優先事項です

医療関係者、患者のみなさまにイーライリリーのくすりを効果的に、安全にご使用いただくために、新しいくすりの候補を発見したときから患者さんの手元に届いた後もずっと、くすりを使用する方がいる限り、くすりのベネフィット(効きめ)とリスク(副作用)を監視し、そのバランスを良い方向に保ち続けることがイーライリリーの役割です。

そして、そのためには、イーライリリーだけでなく、くすりを使用する患者のみなさま、くすりを適切に処方する医療関係者のみなさま、また、日本の製薬業界や医療全体を管理する規制当局(厚生労働省・医薬品医療機器総合機構)との協働が欠かせません。

このサイトでは、くすりに関わるみなさまそれぞれが「くすりの安全」に貢献できることについて解説しています。

くすりの安全対策

イーライリリーは、くすりの開発の段階から、承認・市販され、患者のみなさまによって使用されている間はずっと、医療関係者・患者さま・規制当局と連携して、安全性に関するデータを収集し、ベネフィットとリスクのバランスについて監視し評価し続けています。

この安全性監視活動を通して最新の安全性情報を提供することが、安全対策の大きな目的です。

→ もっと詳しく学ぶ

拡大画像はこちら

イーライリリーの安全性情報部

安全性情報部では、世界中から収集される安全性情報を分析することで、イーライリリーのくすりがどのような副作用を起こす可能性があるかを継続的に評価しています。

医療関係者や患者さまが、最適なくすりを選択し、期待した効果が得られるように、イーライリリー、規制当局、医療関係者、および患者のみなさまが連携して安全性情報を収集・伝達することが重要と考えています。

→ もっと詳しく学ぶ

拡大画像はこちら

医療関係者の貢献

製薬企業がくすりの安全性を継続して評価するため、また患者のみなさまのリスクを軽減するために、医師および他の医療関係者は、有害事象の収集および提供において重要な役割を担います。

→ もっと詳しく学ぶ

くすりを安全にご使用いただくために

医師が処方したくすりの本来の効果を発揮するためには、くすりを使われる方やご家族の方がくすりについて十分な知識を得て上手に使うことが大切です。

たとえば、

  • くすりが自分の病気にどのように効くのか
  • 使用しているくすりで現れやすい副作用の症状
  • くすりの正しい服用の仕方、保存の仕方

など、くすりの使い方や、起こる可能性のある体調の変化について正しく知った上で、正しく使用してください。そうすれば、くすりは期待する効きめを発揮しやすくなります。また、副作用が現れる可能性は小さくなります。

→ もっと詳しく学ぶ

規制当局としての医薬品医療機器総合機構と厚生労働省

医薬品医療機器総合機構は、厚生労働省管轄の独立行政法人で、くすりの審査関連業務などを行っています。安全性に関しても、薬事法や関連する規制に従い、販売されているくすりのベネフィットとリスクのバランスを監視しています。製薬企業から報告された副作用情報などに基づき、製薬企業に対する安全性に関する措置や、添付文書の改訂の指示などを、厚生労働省を通じて行っています。

→ もっと詳しく学ぶ

拡大画像はこちら

Top