患者さんへのお願い

くすりを使い始める前に

新しいくすりが処方されたら、まず袋や添付された説明資料を見てみましょう。

  • 1日何回使用と書かれていますか?
  • 1回何錠と書かれていますか?
  • その他に、特に注意することが書かれていませんか?

これらのことを必ず確認してから、くすりを使い始めましょう。

くすりを新しく使い始めるときは、身近な医師、看護師、薬剤師にくすりのことを聞いてみましょう。 ご自身のくすりや病気のことを理解すれば、より効果的にくすりを使うことができます。以下に、実際にどんなことを理解すれば良いかのポイントを紹介します。

くすりのことを良く知って上手に付き合いましょう

くすりには効きめがある一方で、副作用もあります。くすりの特徴や適切な使い方を知っていれば、効きめはより大きく、副作用が起こる可能性はより小さくなります。

  • 正しいくすりの使い方を守りましょう
  • 医師は患者さんそれぞれの体質に合わせて個別に処方しています。また、薬剤師はそれが適切かどうかを確認し調剤します。そのため、指示されたとおりにくすりを使いましょう。また、自分以外の人(家族や知人など)にくすりをわたすことは絶対にやめましょう。

    処方されたくすりを指示どおり使用していても困ったことがある場合、まずかかりつけの医師や薬剤師に相談してください。このように、医師、薬剤師、患者のみなさまがお互いに協力することでくすりをより効果的に使うことができます。

  • くすりを使用している間の体調の変化を意識しましょう
  • くすりを正しく使っていても、患者さんの体調やくすりを使用した状況により副作用が出ることがあります。
    あらかじめ、どんな副作用が現れるのか、最初にどんな症状が現れるのかを知っておくようにしましょう。また、

    • 副作用を防止するためには何をすれば良いのか(たとえば、多くの水と一緒に服用する、体調の悪い時には特に、くすりを使った後の体調の変化に気をつける、など)
    • 症状が現れたときにはどんな対処をすれば良いのか(たとえば、すぐに中止すべき症状とはどんなものであるか、すぐには中止しない場合でも、どんな症状があらわれたら主治医に連絡をするのか)

    を理解しましょう。

    自分が使うくすりについてよく知っていれば、安心して治療を受けることができます。ただし、くすりの使用中に何か体調の変化を感じた場合は、自分ではくすりの副作用とは感じられなくても、いったんは医師や薬剤師に相談してください。

こんなときは医師・薬剤師に相談を

次のような質問がある場合は、医師または薬剤師にお問い合わせください。

  • くすりを受け取ったときは
  • くすりを新しく処方されたときや受け取ったときは、医師や薬剤師がくすりの特徴や使い方を説明します。また、同時におくすり手帳など、さまざまな説明書をもらいます。これらの説明書は、大切に保管しておきましょう。
    説明を聞いたとき、もらったくすりの説明書で何かわからないことがあるときは、ぜひ積極的に以下のようなことを質問してみてください。

    • くすりについて
      「何に効くくすりですか?」
      「使用するくすりの名前はなんですか?」
    • くすりの使い方について
      「どのくらいの量を1日何回飲まなければいけないのでしょうか?」
      「飲み忘れた場合はどうしたらよいですか?」
      「空腹時に使用しても大丈夫ですか?」
      「他の医療機関からこんなくすりを処方されているのですが、一緒に飲んでもよいですか?」

  • くすりを使用している間は
  • くすりを使用している間にもくすりについてわからないことが出てきたら、どんな小さなことでも、また何度でも、積極的に質問してみてください。また、ご自身の体調の変化がある場合には、必ず相談するようにしましょう。
    たとえば、以下のような情報を医師や薬剤師に伝えたり、質問をしたりしてみてください。

    • 体調について
      「くすりを使い始めてから体調に変化がある」
      「くすりを使ってから現れた症状がおさまらない」
    • 効果について
      「本当に効いているかどうかわかりにくい」
      「効いているかどうかどうやってわかるのでしょうか?」

  • その他
  • これまでに挙げた以外にも、他に質問したいことがあれば、医師や薬剤師に相談しましょう。 たとえば、次のような質問が考えられます。

    • くすりの詳細情報について
      「使用するくすりの成分名はなんですか?成分名はどこを見ればわかるのでしょうか」
    • 使用期間について
      「いつまでくすりを使うのでしょうか?」
      「薬を飲む期間を短くしたり、延ばしたりするにはどうすればいいのでしょうか?」
    • くすりの中断について
      「どんな症状が出たらくすりを止めるべきですか?」
      「変わった症状が出たら、すぐにくすりを使うのを止めなければならないのでしょうか?」

    くすりを使い終わった後にも体に異常が現れることがあります。そのようなときは、少し前まで使っていた薬の名前も覚えておいて、医師や薬剤師に相談しましょう。

くすりの情報を調べてみましょう:リンク集

薬の情報は、さまざまなところで提供されています。以下では、そのいくつかを紹介します。

たとえば医薬品医療機器総合機構のホームページでは、一般の患者さん向けのサイトがあり、日本で処方される全てのくすりの情報が掲載されています。みなさんが服用しようとしているくすりに対する注意事項など、より詳しい情報が見つかります。

また、イーライリリーの製品については、弊社製品情報サイト リリーアンサーズで調べることができます。

この他にも、くすりに関して役立つ情報が掲載されているサイトをご紹介します。

監修:慶應義塾大学商学部 吉川肇子准教授

Top