サイラムザ®製品Q&A 【用法・用量】

Q.サイラムザを投与する際にフィルターは必要ですか?

A.サイラムザの投与にあたっては、蛋白質透過型のフィルター(0.2又は0.22ミクロン)を使用してください。
蛋白質透過型のフィルターとは、蛋白質が吸着しにくいフィルターのことです。蛋白質透過型フィルターの材質の一例として、ポリエーテルスルホン製やポリスルホン製のフィルターがあります。サイラムザはタンパク製剤ですので、蛋白質を吸着する(除タンパク)機能があるフィルターは適しません。


7. 適用上の注意(抜粋)
(2) 投与時
1) 投与前、調製した注射液に不溶性異物がないことを目視により確認すること。不溶性異物が認められる場合は使用しないこと。
2) 本剤は点滴静注用としてのみ用い、急速静注は行わないこと。[「用法・用量」の項参照]
3) 本剤の投与速度は25mg/分を超えないこと。
4) 本剤の投与にあたっては、蛋白質透過型のフィルター(0.2又は0.22ミクロン)を使用し、他の薬剤と同じラインを使用しないこと。なお、本剤投与終了後は、使用したラインを日局生理食塩液にてフラッシュすること。

最終更新日:2015/10/21

Top