MRの仕事を知る

リリーならではのキーワードを通じて、リリーの仕事内容の理解を深めてください。

Keyword 1 -MRとは

MR (Medical Representative)とは医薬情報担当者のこと。
Representativeは企業などの代表者を意味しています。
つまりMRとは、製薬企業の代表者としてドクターや薬剤師などの医療関係者を訪問し、治療に関する医薬情報を提供する役割を担っているのです。言い換えれば、医薬情報の提供によって医療ニーズを満たすこと、そうした活動を通じて患者さんのQOL(生活の質)の向上に貢献することを目的としているのです。


そして実際自分が提供した医薬品や治療法などの情報を通じて、患者さんの症状が改善し、そのことをドクターを介して聞き、感謝の言葉を掛けられる。そのとき得られる喜びこそMRの仕事の醍醐味といえるでしょう。



Keyword 2 -領域別スペシャリストMR

リリーMRの最たる特徴は、患者さんのニーズ、高度化・専門化する医療従業者のニーズにきめ細かくこたえるための『領域別スペシャリストMR』制をとっていること。2000年7月から、業界に先駆けていち早く導入しています。

中枢神経、糖尿病・成長ホルモン、筋骨格、オンコロジー(がん)の4つの治療領域にフォーカスし、高い専門知識と情報提供スキルを発揮したMR活動を展開しています。担当領域の知識を深化させ活動ターゲットを絞ることで、より専門的かつ効果的なMR活動を促進し、顧客のニーズに応えることを期待しているからです。



Keyword 3 -競争力のある製品がある

企業の営業にとって、販売する商品の優劣は営業活動を行う上で非常に重要な要素。リリーの営業職であるMRにとって、扱う製品の製品力は強みとなります。なぜならリリーの製品は、競合他社がまだ創造していない価値の高いものや、他社と比較した際にも競争力のあるものなど、自信を持って情報提供できる製品だから。リリーでは治療法が確立されていない、もしくは治療薬がない疾患をターゲットとして研究開発を続け、「ファーストインクラス・ベストインクラス(その治療領域群の中で従来にないもの、あるいは最良の)」の医薬品を生み出してきているのです。


これら製品力のある製品を一人でも多くの患者さんに届けるため、医療の最前線にいるドクター等の医療従事者に情報提供できることが、リリーMRの大きな誇りでありやりがいであるのです。

Top