To The Innovator

中山 周
99年

慶應義塾大学卒
アーケイディア・コンサルティング株式会社

12年

ESADE Business School卒
日本イーライリリー入社

中山 周
情報技術本部
マルチチャネル戦略推進IT部長

私はITエンジニア、及びITコンサルティングをそれぞれ経験した後、より深くビジネスを理解し、グローバルな舞台で活躍できるようになりたいと考えてMBA留学をしました。卒業後のキャリアとしてはIT経験を活かしながら、共感できる事業内容、理念、そしてカルチャーを持った会社で働きたいと考えていました。日本イーライリリーに入社を決断したのは、研究開発にコミットしてベストインクラス・ファーストインクラスとなる薬を患者さんに届ける一貫した姿勢、グローバルに仕事ができる環境、誠実さを筆頭とするバリューの浸透、そして人を尊重し、多様なキャリアパスを通じて育成していく事に対するコミットメントを感じたことが理由です。

製薬業界での経験が無かった私ですが、入社後はIT部門で様々なエリアを経験し、事業/業務知識を吸収しながら多数のファンクションとコラボレーションさせて頂いています。また、多くのグローバルプロジェクトへの参画、研修、及び6ヶ月間米国本社のチームの一員として仕事をする貴重な機会を頂きました。仕事は日々チャレンジングで毎日全力投球かつ学びの連続ですが、顧客やビジネスへの貢献、意義が感じられる仕事内容とプロフェッショナルとして成長する機会に恵まれて充実しています。また、同じようにIT部門でキャリアをスタートした人でも、私のようにITを機軸にキャリアを形成する人もいれば、他部門に異動してステップアップしていく人もいて、能力と意欲次第で多くの選択肢が与えられる会社である事を目の当たりにしています。

おそらく全ての会社に何らかの改善ポイントはあり、それはイーライリリーも同じだと思いますが、私が日本イーライリリー入社後の経験を通じて実感したイーライリリーの誇れる特長が三つあります。まずは、多様なバックグラウンドや個性を持った社員が、顧客・患者さんのためにという使命感、価値観を共有して前向きに仕事ができるカルチャーと素晴らしい人材が揃っていること。二つ目は、サーベイなどを通じて社員の声をオープンに聞き、継続的に会社を改善していく仕組みとコミットメントがあること。最後に、本社や他の国の支社とのコラボレーションがオープンにできる「グローバル企業」であることです。

皆さんもご自身それぞれの志向、人生の目的や目標があると思いますが、キャリアを検討する中でイーライリリーに興味を持たれた方にこの記事が少しでも参考になれば幸いです。私自身も、今後さらに成長して仲間と一緒により大きなインパクトを出せるように努力して行きたいと思っています。

Career Path

2012年 入社、情報技術本部(Information Technology)に配属となり、タブレット端末を用いた営業の働き方改革の企画、プロジェクト推進、チェンジマネジメント等に従事。
2014年 課長に昇進。営業業務(Sales Force Effectiveness)改善、またそれに伴うグローバルシステムのエンハンスメント等の案件に従事。また、シックスシグマ改善プロジェクトのリーダーとしてIT部門におけるアウトソーシング戦略を立案。
2016年 STA(Short Term Assignment)として米国本社(インディアナポリス)で半年間勤務。米国支社マーケティング部門、物流、情報システムを含む業務改善プロジェクト、グローバルシステムの開発、また本社メンバーに日本のビジネス環境や文化を伝えるイベント企画、実施等に従事。
2017年 部長に昇進 現在は、マルチチャネル戦略推進IT部門のリーダーとして日本支社のCIO(情報技術責任者)に報告し、主として顧客エンゲージメントに関わるテクノロジーの戦略、企画、プロジェクト推進、及び改善に従事。



(180405MY1)

Top